隙間時間に。

隙間時間に。

サクッと読める記事を。暇つぶしにどうぞ!

【togetter】なぜ「逃げるは恥だが役に立つ」は傑作・人気作となりえたのか?【まとめ】

宇多丸さん(だったかな?)が映画はキャスティングの時点でほぼ面白いかどうか決まるという風なことを発言されてましたが、このドラマ「逃げ恥」はほんとにキャスティングが絶妙だったな~と思います。

テリーさんもこの役は星野源じゃないとできなかったとおっしゃってましたね。

主役の星野源さん、新垣結衣さんはもちろんのこと、わきを固める方々も全員が全員役にピッタリはまってて魅力的でした。

脚本も原作を大切にしながらも所々にアレンジがあって、原作を読んでいると一層楽しめる話になっていました。

何よりとても優しい脚本であったな~と個人的には思います。観ていてほんとに幸せになれる作品でした!

あと最終回の日は逃げ恥が一日電波ジャックを行っていましたが、各番組のドラマ特集の長さも熱量も異例のものだったそうです。

星野源さんがラジオで語っていましたが、スタジオから出ると廊下の両脇にTBS関係者がずらーっと並んでいて新垣結衣さんと一緒に拍手で送られるという場面もあったそうです(笑

二期は無いと思いますが、スペシャルドラマか映画がありそうな感じなので(TBSですし)今から楽しみですね~!